パンドラの憂鬱

2022/1/19

パンドラの憂鬱 社会

海外「こんな民族は他にいない」 壊滅的被害を受けた神戸の現在の姿に驚嘆の声

神戸市などを中心に広い地域に甚大な被害を及ぼした、阪神・淡路大震災から、17日で27年目を迎えました。この震災を経験していない世代が増える中で、当時の記憶や教訓を伝えるため、17日は各地で、体験の語り継ぎや学校での避難訓練などが行われました。今回の翻訳元では、壊滅的な状況から復興を果たした、現在の神戸の街の姿が、比較写真を交えて紹介されており、外国人に大きな驚きと感銘を与えています。寄せられていた反応を

2022/1/18

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本を甘く見るなよ」 台韓が1人当たりGDPで日本超えとの報道に台湾から異論殺到

公益社団法人の日本経済研究センター(JCER)は先日、個人の豊かさを示す1人あたり名目国内総生産(GDP)で、2027年に韓国が、28年に台湾が日本を上回るとの試算を公表しました。韓国が今後毎年6%、台湾が8.4%上昇する見込みであるのに対し、日本は2%に留まる事から、逆転が起きるだろうとしています。なお、2020年時点で日本の1人当たり名目GDPは、韓国を25%、台湾を42%それぞれ上回っています。この件を、今週に入って台湾

2022/1/17

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本人は全く怒ってないぞ」『日本文化の盗用』と非難された黒人女性に擁護の声

元々は「コスチューム・プレイ」を語源とする和製英語ながら、現在では世界中で通用する単語となった「コスプレ」。単なる言葉だけの普及だけではなく、実際にコスプレを楽しむ人々も世界中におり、世界のコスプレ市場は4000億円程度と推定されています。米国人の学生コスプレイヤー・リオスさんもその1人なのですが、日本のアニメキャラのコスプレ写真をTikTokに投稿していたところ、「日本文化を盗用してる」との批判が寄せられ

2022/1/16

パンドラの憂鬱 社会

海外「俺も日本に生まれていれば…」 コロナ禍でも日本人の信頼性は世界一というデータが話題に

英国の調査会社ヘンリー&パートナーズは先日、ビザ(査証)なしで渡航できる国や地域の数で比較した、2022年の「世界最強のパスポート」ランキングを発表し、日本が5年連続で首位に輝きました(今年はシンガポールと同率)。一時的な渡航制限を考慮しないスコアでは、日本とシンガポールが192カ国にビザなしで入国可能。最下位はアフガニスタンで、26カ国にとどまっており、パンデミック以降、各国の格差が広がっているそうです。

2022/1/15

パンドラの憂鬱 社会

海外「こんな進んだ国だったのか…」 江戸時代の日本の先進性に驚きと感動の声

今回は、江戸時代の日本のリサイクル文化に焦点を当てた投稿からで、当時の日本社会に関する、複数の関連記事がまとめられています。「江戸時代には、無駄な物はなく、捨てられる物もなかった。 例えば傘。油を塗った紙を竹の骨組みに張っていたのだが、 紙が破れたら補修したり、取り替えたりした。 骨組みが壊れたら行商人に売り、行商人は傘屋に売り、 傘屋はそれを修理して新品として売る、 というサイクルを繰り返してい

2022/1/14

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本人は公平だな」 日本でアメコミが漫画に勝利した事実に米国人が歓喜

1月8日~9日の国内映画ランキングが12日に発表され、「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」が、土日2日間で動員58万4000人、興収9億500万円となり、初登場1位を獲得した事が分かりました。2週連続で首位を飾っていた「劇場版 呪術廻戦 0」は、土日2日間で動員44万9000人、興収6億4400万円をあげるも、「スパイダーマン」には及ばず、2位となっています(しかし既に歴代興収ランキングで80位に)。ご存知のとおり「スパイダー

2022/1/13

パンドラの憂鬱 社会

海外「また日本人がハードルを上げた」 日本の若者がジオラマに革命を起こしたと話題に

展示物とその周辺等を立体的に表現する手法であるジオラマ。19世紀初頭、史上初めて実用的な写真技術を完成させた、フランスのルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが、従来のパノラマに代わる新たな投影装置を開発し、「Diorama」と名づけたのが最初だと考えられています。さて今回は、22歳の日本人男性が1年かけて作り上げた、「スクランブル交差点の再現ジオラマ」の、メーキング映像に対する反応になります。その名の通り渋谷スク

2022/1/12

パンドラの憂鬱 社会

海外「これだから日本人は恐ろしい…」 日本の日常を写した1枚の写真に外国人が衝撃

今回は、「日本の規律のレベルは世界最強であり、非現実的」と題された、現在海外ネットで大反響を呼んでいる投稿からで、駅のホームの階段において、徹底的にルールを守る、日本の乗客たちの姿が収められています。コメント欄には「ラッシュアワーの時は異なる」などといった、批判的な指摘もいくつか寄せられていますが、ほとんどの外国人の目には非常に日本的で、日本社会を象徴する1枚のように映ったようでした。寄せられてい

2022/1/11

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本の多様性は凄いな」 日本海にとんでもない生物が生息していると話題に

触手に刺胞と呼ばれる毒液を注入する刺糸を備え、ほぼ全てが水界に生息する刺胞動物門に属する動物「クラゲ」。遊泳能力が全くないわけではありませんが、多くはプランクトンとして生活しているため、水槽で飼育する場合は、水流を作ってあげる事が必須となります。さて、今回は日本海などに生息する大型のクラゲ、エチゼンクラゲにスポットを当てた投稿からです。日本では、大量発生のニュースなどでよく知られていますが、驚異的

2022/1/10

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本はキリスト教的だ」 外国人陽性者も全力で支える日本政府の姿勢に世界が衝撃

今回は海外のネット上で大反響を呼んでいる1枚の写真からで、自宅療養中の外国人に日本政府から支給された、大量の食糧が写し出されています。世界最大級のソーシャルメディアの1つである「LADbible」は、「多くの国では、陽性となり自宅療養となった場合は、 ほとんどの場合自分でどうにかしなければならない」と指摘。その事から、世界のネットユーザーに「衝撃を与えた」と伝えています。なお写真の投稿者さんは、「日本はG7で

2022/1/9

パンドラの憂鬱 社会

海外「眠れる巨人が目覚めたぞ」 日本がSF兵器の開発に本気で動き出した事が話題に

防衛省は政府の2022年度当初予算案に65億円を計上し、SF映画やアニメなどフィクションの世界に存在していた兵器、レールガンの研究・開発に注力する方針を示しました。周辺国などで極超音速ミサイルの開発が進んでいる事から、新たな防空手段として、2028年以降の配備を目指しています。レールガンは、電磁力を用いる事によって、超高速かつ長射程の弾を連続で発射する事が可能となる兵器。アメリカも一時研究の停止を決断するほど

2022/1/8

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本だけは謎だ…」 左側通行と右側通行の国をまとめた世界地図が面白いと話題に

今回は、世界の左側通行と右側通行の国をまとめた地図からです。ご存知のとおり日本の車両は左側通行ですが、この事は1949(昭和24年)施行の道路交通法でも、現在に続く1960(昭和35年)の道交法でも定められており、1881(明治14年)にはすでに当時の警視庁が、「人力車が行き合った場合には左に避ける」と通達しています。現在世界的には右側通行の国の方が多くなっているのですが、古代ローマ帝国では、荷車の跡から左側通行だ

2022/1/7

パンドラの憂鬱 社会

海外「これが民度の差なのか…」 日本で起きた特別な瞬間に世界中の審判が感動

Jリーグを長年支えた審判員の村上伸次(52)さんが、昨年12月4日のJ1最終節、名古屋―浦和戦で引退されました。2019年に大病を患い、2週間に及ぶ集中治療室での入院を経験し、薬で痛みを散らしながら審判を続けていましたが、昨年10月にJリーグ通算500試合出場を達成した事で、それを節目と考えて引退する事を決意したそうです。最終担当試合の終了後には、両チームの選手が作った花道を通り、拍手でピッチから送り出された後には、

2022/1/6

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本は民主主義の救世主だ」 日本政府のワクチンへの姿勢に欧米から賞賛と羨望の声

現在日本を含め、世界中で急速に感染が拡大しているオミクロン株。世界中の政府や専門家などが、自身や身の回りの人々を守る為に、新型コロナワクチンの接種を強く推奨しています。日本の厚生労働省もそのスタンスは同じで、「発症予防効果などワクチン接種のメリットが、 副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、 皆さまに接種をお勧めしています。」と公式ホームページに掲載しています。そして現在、その後に続く

2022/1/5

パンドラの憂鬱 社会

海外「日本に戦争で勝ったのに…」 日本車の歴史的な米新車販売台数に米メディアが騒然

トヨタが去年1年間にアメリカで販売した新車の台数が、米最大手のGM(ゼネラル・モーターズ)を上回り、首位となった事が4日、各社発表の統計により分かりました。米国で首位が入れ替わるのは、1931年以来実に90年ぶりで、米国外のメーカーとして初の快挙となります。トヨタの販売台数は233万2000台、GMは221万8000台で、前年比ではトヨタが10%増だった一方、GMは13%減少。GM側はその理由として、世界的な半導体不足の影響を挙

2022/1/4

パンドラの憂鬱 社会

米国「日本に片思いじゃなかったのか」日本で開催されたとあるイベントに米国人が歓喜

19世紀後半、当時フロンティア(未開拓地)と呼ばれていた、アメリカ西部の地域を舞台にした作品である西部劇。西部開拓の歴史を持つ米国が独自に築き上げたジャンルで、厳しい自然環境の中で道を切り拓いてきた人々を描く物語は、アメリカ人の誇りを映し出したものであり、今も現地で特別な地位を占めています。さて、今回はネット上で話題になっている動画からで、数年前から日本で毎年行われているウェスタンイベント、「西部劇

Copyright© ねとうよ! , 2022 All Rights Reserved.